長岡新聞:トップ
社主のプロフイール 
川柳:入選作俳句:入選作短歌:入選作

購読の申込みメールでOK。 1か月1851円です。
新刊案内『長岡築城物語』、『いい湯めぐり温泉紀行』:詳しくはこちら

悠久文芸 
長岡新聞:『川柳』『俳句』『短歌』

今までの入選作
(1)川柳:入選作目次=クリック
(2)俳句:入選作目次=クリック
(3)短歌:入選作目次=クリック
 

俳句・短歌は人情、季節、祝いも災いも網羅すします。関心深く見詰め、優しく胸に深く抱き、
時に悲しい涙を注ぐことができます。そして自然や人や草花、小動物、世間のもろもろに加え
て、歴史、文学、天地すべてに興味、関心ある人になることができます。
そのように評価されている川柳、俳句、短歌に応募してみませんか。
長岡新聞社では「悠久文芸」欄で募集しています。
皆様の応募をお待ちしています。

ライター募集:在宅のまま、余暇に文章を書くお仕事です。長岡市内のイベントにも参加できます。余暇を活かして収入を得ることができます。長岡市内のイベント等を取材するものです。楽しいですよ。ご希望の方は星野まで
(0258−32−1933) (naganews@crest.ocn.ne.jp)
応募の締め切りは特にありませんが川柳は15日まで、俳句と短歌は月末までに届いた分を
翌月に掲載します(川柳は第1土曜日、俳句と短歌は第3木曜日)。
はがきに3句(首)までお書きいただき、はがき表面に必ず「川柳係り」「俳句係り」「短歌係り」
と明記して、長岡新聞社宛郵送してください。
なお、川柳、俳句、短歌それぞれに応募される場合は、はがきは別々にお書きください。
たとえば川柳は川柳だけ、俳句は俳句だけ、短歌は短歌だけでお願いします。

1.郵送先  〒940−0071
         長岡市表町2−3−1
         長岡新聞社あて、
2.選者は以下の方々です。
(1)川柳=小栗正和
(2)俳句=大星光史(みつふみ)さん
(3)短歌=同上
3.入選作は新聞紙面で紹介し、後日このホームページに掲載します。



記者を募集しています(0258−32−1933:星野へ) 
購読の申込みも同番号へ
戻る